SHOP お店紹介

patisserie francaise Citron

◆今回ご紹介するのは、可部のスイーツ専門店『シトロン』。可部生まれ・可部育ちの旨行修二シェフが、大町に自分の店を開いたのは16年前。開店当初からのモットーは「人を笑顔にする菓子づくり」で、「地元の人を笑顔にしたい」と8年前に可部へ移転。今年1月に増床リニューアルし、現在に至る。
◆「めざすのは、何でも揃う店。世代を越えて愛される店」とおっしゃるだけあって、商品数は、生菓子から焼菓子まで約100種類。国内産・地元産の旬の素材とお客さまの声を生かした商品開発を心がけている。
◆チーフパティシエ・東達也さんのイチオシは、ハードタイプのシュー皮にカスタードをたっぷり詰めた「きのこでシュー」(¥150)。サクサク香ばしい食感で、季節を問わず不動の人気1商品とのこと。日持ちするタイプでは、店名の『シトロン』(仏語でレモン)にも因んだ「シトロンクレール」(¥180)もオススメ。レモン風味のバターケーキをレモン風味のホワイトチョコでくるんだお菓子で、ギフトに喜ばれている。
◆ご年配客から高い評価を得ているのは、古き良き時代を懐古できる「昭和マドレーヌ」(¥160)や、北海道産厳選小豆を使用した和洋折衷菓子「大納言」(¥1200)など。また、旭鳳酒造の大吟醸酒を惜しみなく染み込ませたバターケーキ「大吟醸」(¥1500)や、増井醤油を使用した「醤油もみじパイ」(¥100)など、可部ならではのスイーツも気になるところだ。

住所 広島市安佐北区可部4-3-19
営業時間 9:30~19:00
電話番号 082-819-3151
定休日 不定休
備考 駐車場10台

『おとなりどうし』 2013.8月号掲載

※インフォメーションの内容は取材当時のものです。変わっている場合がありますので予めご了承ください。