SHOP お店紹介

お好みハウス KAZU

◆今回ご紹介するのは、吉島のお好み焼き激戦区に店を構える『お好みハウス KAZU』。「ねあか・のびのび・へこたれず」がモットーの店主・斎藤玲子さんが、25年前に脱サラして修業後、22年前にオープンさせたアットホームなお店だ。
◆人気のメニューは、言うまでもなく、「お好み焼き肉玉そば」(¥600)。そして、これに生イカ&生エビをプラスした「KAZUスペシャル」(¥750)。いずれも、野菜をWにすると¥50アップ、麺をWにすると¥100アップとなる。
◆玲子さんが開店以来徹底しているのは、鉄板の温度管理。「鉄板の温度を常に一定に保つために、開店1時間前に鉄板の火をつけたら、閉店まで火を落としません。ガスの火力でよく焼いた鉄板は、油をひかなくても、焦げ付かないんですよ。だから、油もほとんど使いません。そばを炒める時に、ほんの少しラードを使う程度。うちのお好み焼きは、あっさりしています。」確かにこのお店の鉄板は、20年以上使い込んでいるはずなのに、新店のようにピカピカだ。
◆玲子さんのヘルシー志向には続きがあり、「粉もあまり使いません。そのぶん、キャベツはボリュームたっぷり。歯ごたえが残るように、手切りにこだわっています。」さらに、玉子は、世羅から取り寄せている一級品。黄身の色といい弾力といい、玉子がけご飯の専門店に出てくるような濃厚なアレだ。つぶして下に敷くか、つぶさず目玉焼き状にして上乗せにするか、指定できる。
◆どこの店にでもあるような、いたってシンプルなお好み焼きなのだが、玲子さんのこだわりが、実にいろいろと積み重ねてある。ソースは、普通・中辛・激辛の3種類。是非一度おためしあれ。

住所 広島市中区吉島新町2-29-2
営業時間 10:30 ~18:30
電話番号 082-249-4770
定休日 日曜日・祝日
備考 15席/駐車場2台

『おとなりどうし』 2016.2月号掲載

※インフォメーションの内容は取材当時のものです。変わっている場合がありますので予めご了承ください。